アウトプット日記

読んだ本、文献、作業療法に関する勉強会・研修会のまとめ。個人的な。

文献-「多成分運動プログラムは健忘のある軽度認知障害のデュアルタスクの成績を改善するか?」

Aging Clin Exp Res. 2012 Nov 26. [Epub ahead of print]

Does a multicomponent exercise program improve dual-task performance in amnestic mild cognitive impairment? A randomized controlled trial.

Source

Section for Health Promotion, Department for Research and Development to Support Independent Life of Elderly, Center for Gerontology and Social Science, National Center for Geriatrics and Gerontology, Aichi, Japan.

PubMed

 

健忘のある軽度認知障害を有する地域在住の高齢者50名

介入群25名、コントロール群25名に分ける

多成分運動プログラムを実施

多成分運動プログラムは好気的運動、筋力増強訓練、姿勢バランス再訓練

注意力と記憶力を高めるため、デュアルタスク下で実施

介入前後(6か月後)に評価

デュアルタスクの成績はバランスと認知課題の反応時間で評価

バランス、認知課題とも統計的に有意差なし

最大歩行速度はコントロール群の方が有意に低下

 

結果:

6か月間の多成分運動プログラムは健忘のある軽度認知障害を有する高齢者の最大歩行速度を改善した

しかし、反応時間で評価されるデュアルタスクの成績は改善しなかった

広告を非表示にする