アウトプット日記

読んだ本、文献、作業療法に関する勉強会・研修会のまとめ。個人的な。

いつも目標達成している人の読書術

いつも目標達成している人の読書術 (アスカビジネス)

いつも目標達成している人の読書術 (アスカビジネス)

平成25年1月27日 読了

 

まとめ:

ビジネス書を読む目的は「学習」と「情報収集」。

多読をすることで、「多面的な視点」と「異なるやり方による知見」が得られる。

読書をして学んだことを「行動」としてアウトプットすることが大事。

 

目次:

第1章 ビジネス書を読む目的を明確に

第2章 欲しいビジネス書の見つけ方

第3章 本を読む時間を作る

第4章 多読のすすめ

第5章 アウトプットのすすめ

第6章 目標・夢を達成するために

第7章 役に立つおすすめビジネス書

 

キーワード:

ビジネス書を読む目的は「学習」と「情報収集」。この二つの目的は読書の方法が大きく異なる。 p14

「学習」:本のジャンルを絞る必要がある

「情報収集」:本のジャンルを絞らない

 

本を選ぶときは、「前書き」と「後書き」を読む p44

著者自身の人柄が表れやすい p45

 

多読をすることによって、自分の知りたいテーマに関して、「多面的な視点」と「異なるやり方による知見」を得ることができる p97

 

速読ができなくても多読をする方法 p104

①その一冊の書籍から得たいポイントを絞り込む

②その一冊の書籍を読む時間を決め、必ずその時間内で終わらせる

 

どんな情報も受け手によって印象・価値が変わる p120

「価値がないと決めつけない」態度が自分に対しても必要 p121

 

「読書というインプットに対するアウトプットは何か?」 p124

大きくとらえれば「行動」。ひとつでもいいから本から得たことを実行すること

 

読書をしただけでは結果はでない p155

学び以上に大事なのが実践と経験

 

アクションプラン:

価値がないと決めつけない

 

広告を非表示にする